Inconspicuous windows

ガウディの窓は多様である。

 

窓に着目するだけで、同じものは登場しない。

現代の窓は高機能、多機能化しているが、ガウディの窓をつぶさに観察していくと、様々な「窓」があることに気付く。

特に面白いのは、「何を通すか」に着目してみることである。例えば、風、光、音など、目に見えない自然要素の通り道として窓がデザインされていることに気付く。

建築を設計するとき、開口部を設けることは人間の視線を通すことに主眼が置かれるが、我々の住空間は様々な自然環境によって成り立っていることに気付かされる。

​それらを一つ一つ解剖していくと、次世代の開口部の気づきがあるのではないかと思われる。